Top / POS


POSとは

POSとはProof of Stakeを省略したものです。これは仮想通貨のブロックを生成する時の認証方法の1つです。

ちょっと難しい話になりそうなので、ここはじっくり行きましょう。

仮想通貨の多くは、コインが発行上限に達するまで新しいコインを発行(鋳造)してゆく仕組みを持っています。

仮想通貨の基軸通貨であるBTC(ビットコイン)を例に考えてみましょう。BTCの発行上限は2100万枚です。
2018年現在その80%程度が発行されているようです。

その発行の仕組みは、POW:Proof of Workと呼ばれています。
POWではブロック生成時の認証を最も速く行った人(マイナー)がその報酬という形でBTCを獲得することができます。Proof of WorkのWorkは認証の作業を意味しているのですね。

相対するPeer to Peer の2者間で誤りなく取引が出来ることが仮想通貨の特徴です。
この取引の正当性を担保しているのがブロックチェーンと呼ばれる台帳であり、これを更新しているのがマイナーです。そしてこの仕組がPOWなのですね。

少々話が入り組んで来ていますが、ここまでの話を整理すると・・・

1) 仮想通貨の取引の正当性を保証する為には認証作業が必要であること
2) その認証作業を経て新しいコインが対価として発行されること

となります。

ブロックチェーンを維持していくのに必要な作業と、その作業の対価としてコインを獲得する者の存在、そしてそれを利用してコインを発行していく仕組みがとても興味深いですね。

では、話を戻してSanDeGoが採用しているPOS:Proof of Stakeについてです。
上記でPOWの仕組みをみているので、もう簡単です。

POWでは認証計算作業(Work)に頑張った者がコインを得る仕組みですが、POSではコインを保有することそれ自体で、その量と期間に応じてコインを得る(コインを発行する)事ができます。
※POS報酬を得る為には専用ウォレットで賭ける設定にする必要があります。

POWでは膨大な計算能力が必要となりますが、POSは計算能力はほとんど必要ありません。
ウォレットにコインを入れておくだけでコインが増える楽しさが体験できます。

PoSマイニングの条件

POSは上記で見たとおりStakeすることでコインを得る仕組みです。
マイニング(Mining)は採掘を意味する言葉ですが、仮想通貨では「POWやPOSに参加してコインを得る(採掘する)」ことをより明示的に指す言葉です。

さて、POSマイニングはPOWマイニングと違い、パソコンの性能の高低は基本的に関係ありません。とは言っても流石にウォレットがまともに動作しないなどの恐ろしく旧式なものでは困りますが、高性能なパソコンを使う必要は全くありません。このあたりの特性は万人向けと言えるかも知れません。

POS通貨であるSanDeGoコイン(SDGO)をマイニングする為には、

1) 専用ウォレットを使用すること
2) ウォレットを暗号化した場合はアンロックしていること
3) ウォレットにSDGOの残高があること

の条件を満たす必要があります。

1) 専用ウォレットを使用すること

POSの論理を実装しているのは専用ウォレットだけです。
なので残念ながら、Sensuや取引所にあるSDGOは増えることがありません。

2) ウォレットを暗号化した場合はアンロックしていること

ウォレットを暗号化した場合は、アンロックして下さい。
そうしないとPOSが稼働せずコインが増えること事はありません。
暗号化をしていない場合はそのままでPOSができます。

3) ウォレットにSDGOの残高があること

これは記載するまでもないですね、元手が0なものは増えようがないという資本主義の原理です。

PoSマイニングの補足事項

POSのマイニングについて以下にいくつか補足しますのでご確認下さい。

  • POSでステークできるコインの量は保有しているコインの量に正の相関があり、基本的に保有量が多いほどステーク量が多くなります。
     
  • ステークする度に該当のコインの塊が分裂する仕様なので、塊は半減し数は倍に増えていきます。
    小さいコインの塊がステークする時間は長くなりますが、ステークする単位(塊)は増えるのでステークの回数は増えていきます。
    ※なお1日以上ウェイトをためてからステークすると分裂しない仕様です。また、細分化した塊はウォレットのコインコントロールで大きい塊にまとめ直すことが可能です。
     
  • 効率的なPOSステークについて
    SanDeGoコインは、大きい塊はステークまでの時間が短く小さい塊はステークまでの時間が長いという特性があります。 この特性を「時間」と「複利」の観点から以下で見ていきましょう。

    同量のコインを賭けた場合に、「大きい塊」は比較的短い時間で次のステークに入りますが、「小さい塊」は長い時間を経て次のステークに入ります。
    初回1回だけを見れば時間の長短があるだけで同等のステーク量になると思われますが、長いスパンでみますと、より速く次のステークに入る「大きい塊」の方が複利効果が大きい為により有利となります。
    特にコインの量が少ないケースではステークに時間が掛かる為できるだけ纏めてステークするのが良いと思われます。
    ※なお、コインを纏めるタイミングですがウェイトが溜まってスーテク間際のものを纏めてしまうのは非効率となります。ステーク直後にまだウェイトがあまり溜まってないもを纏めるのが無駄がなくて良いです。
     
  • ウォレットの「処理」のメニュー画面でステークの処理実績を確認することが出来ますが、時折
    「生成されましたが承認されませんでした」
    と表示されることがあります。
     
    これは、POS承認で他者と競合し他者の承認が採用されたことを示しています。
    POS通貨では確率的に時折発生する事象なので不具合や故障ではありません。
     
  • SanDeGoはPOS収益を得るために、ウォレットを稼働させ続けていなくてもウェイトは溜まります。
    なので、連続稼働は必須要件ではありません。
    パソコンを毎日使用される場合であれば夜は止めていても日中帯にウォレットを起動して同期を合わせておけば、ほぼ機会損失は無いと考えられます。
    もちろん、連続稼働させておけばオンタイムでステークできますので理想的と言えますがユーザーの方の利用環境に応じてご使用して頂ければと思います。
 

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-05-30 (水) 12:19:59 (737d)