Top / ウォレットの役割


当記事は、仮想通貨の初心者、POS通貨の初心者向けの記事となります。

 

ウォレット(お財布)の役割を知る

初めて仮想通貨に触れる方の中には、何をどこから始めたらいいのか途方に暮れる人もいますが、安心して下さい。ウォレットの基本的な役割と使い方を覚えると「習うより慣れよ」のことわざの通り「仮想通貨はこうやって使うんだね」という実感としての理解が一気に進みます。

なので是非とも初心者の方はウォレットをセットアップする前にウォレットの役割を確認しておきましょう。
とても簡単なので全く心配はいりません。一度理解してみれば「なんだ!こんなものか」って感じで大袈裟に考える必要は全く無かったことに気づきます。

ウォレットとは仮想通貨を保管する電子的なお財布です。 普段の生活で使っている日本円のような硬貨やお札を入れる財布とは異なり、ウォレットでは取引台帳であるブロックチェーンの情報なども管理しているのですが、そんな話は横においてまずは仮想通貨(コイン)を入れるお財布だと思って下さい。

それではこのウォレットはコインをどのように管理しているのか?について見ていきましょう。

1) コインはアドレス上で管理する

ウォレットには自分専用の受け取りアドレスというものがあって、他の所からこのアドレスをめがけて送金することで受け取ることができるようになります。

仮想通貨の世界ではあなたのアドレス上にあるコインがあなたの所有するお金なのですね。 またウォレットには送金(出金)機能があります。送金したいアドレスとコインの量を指定して送ることが可能です。

2) コインを増やすことができる

SanDeGoコインはPOS(Proof Of Stake)と呼ばれる方式を採用しており、コインが高利率で増えるように設計されているのでウォレットにコインを入れておくとコインを増やすことができて楽しいですよ。
※POSについてはまた後で「POSとは」の記事にて説明します。

3) その他注意事項

ここまで簡単・簡単を連呼して来ましたが、注意事項もあります。

コインはあなた固有のアドレスに存在することになりますが、この固有情報を生成する重要情報はそのウォレットにしか存在しません。
なのでそのウォレットがパソコンの故障などで使用できなくなるとと、大事なコインが2度と取り出せなくなります。
こうした惨事を避けるためには、ウォレットの情報(wallet.dat)を別の記録媒体(他のハードディスクやUSBメモリなど)にバックアップしておく必要があります。

ウォレットを作成したら必ずwallet.datをバックアップをしましょう。また、ウォレットを暗号化した場合はバックアップを取り直しましょう。

バックアップがあれば、パソコンが故障しても復旧の手立てとなるので安心です。

ここまで来れば基本的な理解も深まり、心の準備は整いましたね。

さぁ、それでは仮想通貨:SanDeGoを始めましょう!

SanDeGo公式キャラ

添付ファイル: filechiisol_s.jpg 18件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-05-22 (火) 13:37:57 (745d)